就労移行支援事業所で学んでいることと摂食障害の克服。そして発達障害グレーゾーン。

36歳から始めたデザインの勉強と摂食障害をどう克服していくかをつづっていきます。

http://code.jquery.com/jquery-1.7.1.min.js

就労移行支援事業所へ通所するようになってから気づいたこと

私は明日引越しします。

 

突然、タイトルと関係ないところからの始まりですが、

引越しをずっと考えていたわけでもなく、更新の時期でもなく

ほぼ、急に決めたということに近いです。

 

なので、物件もほとんど見ませんでした。

というより、見れば見るほど迷うし、体力もなくなり、

どの物件がどうだったけ??となってしまうからです。

 

引越しをなぜするのかというと、

いろいろ理由はありました。

 

例えばもっと通所の時間を短くしたい、とか

もっと家賃を抑えたいとか、そういうものも含め

いろいろです。

 

今は無職なので、無職が家を借りようとすると

審査が厳しくなるのはわかっていましたが、

それにしても今回のところは

聞かなくても良いんじゃないかということまで

聞いて来たり、不動産屋さんとのやり取りも

あまりうまくいかなかったりと、

大変なことの連続でした。

 

 

引越しってこんなに大変だったけ?と

思ってしまったので、もしかすると

今までは運が良かっただけかもしれません。

 

当然、こんな毎日を数週間送っていると、

体力も落ち、精神的にも乱れがちでした。

 

けど、私は事業所での勉強と引越しと

うまいこと並行してやっていけると思っていました。

 

が、、、

 

それは自分の中でキャパオーバーだったということに

やっと気づきました。

 

自分で気付いたのではなく、教えてもらったという

感じです。

 

 

確かに、ストレスが溜まっているのは自分でも

なんとなく感じていました。

 

すぐにイライラしてしまったり、文句が増えていたり。

 

こういう時はストレスがあるということをわかっていたはず

なのに、特に何の対策もせずに、ここまできてしまいました。

 

私はネガティブな考えをどうしてもしてしまいがちなので、

言うこともついネガティブなことを言ってしまいます。

 

最近も言ってしまいました。

普段なら言わないはずだし、言ったところでだから何だという

話なのですが、出てしまったのです。

 

そして、何度も同じことを繰り返し言っていて、これは

自分の語彙力っていうんですかね?

そういうものがあまりない為、何とか自分の知っている

言葉で説明しようとして、結局言葉はたくさん知らないから

同じことを何回も繰り返している。。。ということです。

 

人から言われないと気づけなかったと思うと

今までどうやって生きてきたんだと恐ろしくなりました。

 

気付かせてもらった私という人間

自分から苦しい方へ、苦しい方へ行く

また繰り返しのようになりますが、

ネガティブな発言の中に「どうせ私なんて」

ということを付けて話してしまう。

 

いつも自分さえ我慢すれば、とか自分が、、、

ということを言って結局は自分で自分のことを

傷つけ、そんなことを続けていると

もう周りからは遠慮されて何も言われなくなる。

 

同じことを繰り返し話す

余計なことをいろいろ言って余計ややこしくさせ

シンプルな答えがしっかりあるのに、

同じことをまた言ってしまう。

 

 

自分では何となくわかっていたつもりではありましたが、

改めて人から言われるとはっきりとしました。

 

ネガティブなことを話して、それを聞いている人だって

良い思いはしないし、ただ「こんなに私はかわいそう」と

発しているような印象を与えてしまう。

 

自分では何とか説明をしたいのに、それが同じことの

繰り返しだったら、聞いている人もうんざりですね。

 

 

これからどうやっていけば?

まずは、引越しを無事終え、落ち着いてから

勉強を再開しようと思います。

 

引越しも勉強も一緒になんてのは、

結局出来ていないということがよくわかりました。

 

そして、また普段通りに通所し、勉強していくことです。

 

これが答えです。

 

 

しかし、本当はまだ自分の中では心の中で

ざわざわしているのが止まっていません。

 

今、通所している事業所に入って、

自分では気付かなかった特性だったり

自分のことを気付かせてもらっているから

ありがたいと思っています。

 

それを受け入れることはもちろんできるし、

したいと思ってはいます。

 

今まで生きてきて、

「あなたってこうなんだよ」と教えてくれる人って

貴重な存在だと思います。

 

それを本当はすぐに受け入れ、すぐになおしていくことが

できれば良いのですが、すぐに出来ない自分もいて、

とてももどかしいし、不安なことだらけです。

 

受け入れたくないということはありませんし、

反論ももちろんありません。

 

 

この先、自分の発言は大丈夫何だろうか?

と、気になってしまい、少し怖くなっているのは

現時点での自分の状態です。

 

これは、時間が経てば変わるはずですので、

変わったらまたその時の思いを書こうと思います。

 

 

最後に、勉強中のMAYAですが、私は楽しくて

夢中です。

勉強時間の経過と共に焦りはあります。

早くできるようになりたい、という焦りです。

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございます!