就労移行支援事業所で学んでいることと摂食障害の克服。そして発達障害グレーゾーン。

36歳から始めたデザインの勉強と摂食障害をどう克服していくかをつづっていきます。

http://code.jquery.com/jquery-1.7.1.min.js

言えなかったことを言ってみた

3日前の出来事になるのですが、言えなかったことを勇気を出して言ってみました。

 

これまで約2週間ほど、ずっと悩んでもやもやしていて、2週間経っても同じような気持ちだったらこれはずっと続くだろう、と思い、まずは相談してみようと思いました。

 

しかし、、誰に相談すればいいのだろう??と迷い、まずは就労移行支援事業所の施設長に「これこれこういうことがあって、こういう相談は誰にすれば良いですか」と尋ねたところ、施設長が聞いてくださるとのことで、相談しました。

 

私は一度にたくさんのことをやることが苦手で、それはWAISの検査を受けた時に、臨床心理士に言われたことです。自分でもそういう気はしていました。

 

前の会社でたくさんの業務をかかえ、いっぱいいっぱいになってしまい、心と体を壊し、退職となってしまいましたので、いろいろかかえるということに敏感になっているというか、トラウマのようになっていたと思います。

 

今回は3つのことを抱えていて、それをずっとうまくできないかということを悩みながらいましたが、このままでは潰れると思い、思い切って相談しました。

 

自分の力不足だと思っています。今後は仕事をしていくうえでも、特にフリーランスになった場合などは、幸運にもいくつか案件をかかえるということがあり得るかもしれません。

 

だからこそ、自分の特性でどうこうと言いたくなかったし、何より自分から「やる」と言い出したことなのに、結局は断るということになってしまったことが申し訳なくもあり、迷惑もかけるし、ずるいなと思って、そんな自分が嫌でしょうがありませんでした。

 

 

結果としては、今回は1つのことをお断りさせていただくということになりました。

 

心が痛かったです。同時に、自分の弱さが迷惑をかけるということにもなり、後々嫌な結果になる前に、はっきりと言うことも大事だと勉強になりました。

 

・どう思われているのだろう??

・自分でやると言っておきながら、いろいろなことはできないとかこれじゃいろいろ任せられないな、とか思われているのかな??

・面倒くさくなったから逃げたんじゃない??

 

などなど思われていたらどうしようとか、いろいろグルグル考えが浮かびました。

 

しかし、もう言ってしまったので、考えてもしょうがないし、何か思われても言い訳もできないし、しないでいこうと思いました。

 

自分勝手ですが、言えないことを言ったということは、私の中ではとても大きなことでした。そんな自分を変えていきたいから、今の就労移行支援事業所に通所しているということもあります。

 

今後は、言いたいことは言えるようにしていきたいのはもちろんですが、迷惑をかけないということも考えながら行動していきたいと思います。

 

言いたいことだけ言って、それが迷惑になるということは私の中での価値観とは違ってきます。勇気のいることだし、大変だと思いますが、言えない私から、言える私になれるよう、前向きに生きていきたいです。

 

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございます!