読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就労移行支援事業所で学んでいることと摂食障害の克服。そして発達障害グレーゾーン。

36歳から始めたデザインの勉強と摂食障害をどう克服していくかをつづっていきます。

http://code.jquery.com/jquery-1.7.1.min.js

摂食障害の人やダイエットをしている人を惑わすメディア

 

今はほぼ毎日のように、「このフードが次にくるスーパーフード」とか「ロカボはじめました!」とか、ダイエットに関する記事がとても多いです。ほとんどが糖質制限ダイエットになると思われます。

 

私もいろいろ記事を読んでは影響され、これが良いというものは実践したくなってしまいます。

 

何が正しいのか、どんなものを選ぶのか

記事の最後に「医師監修」と書いてあるだけでその記事の信頼性はぐっと上がると思います。お医者さんもおすすめしているのだから、きっと間違いないだろう、と。

 

全ての記事を否定するつもりはありません。

さらに全ての記事に私は目を通しているわけではありませんので、特定の記事についてどうとか言うこともできません。

 

しかし、言えることとしては、もしそのダイエット法が糖質制限であった場合、自分にとって本当に糖質制限が必要なのかということ。必要な人もいるはずです。なので、糖質制限が悪いということを言っているのではありません。

 

私を例として言えば、今の私が糖質制限すると体にとってあまり良くないということを先生から教わりました。なので、私は必要な栄養素の一覧表に則って食べることを心掛けています。

 

そうはいっても、日々、メディアが発信するダイエットに関する記事はついつい目がいってしまいます。実際に実行はしないにしても、よくよく読んでみればこれって糖質制限なんだなとか、最近は少しずつわかってきたような気がします。(その気になっているだけかも??)

 

全粒粉ではなく白いパンを選ぶ??

今まで玄米や全粒粉などは体に良いものだと思っていましたが

 

しかし、、、

 

先日、Yahoo!ニュースの中に載っていた記事で、衝撃の内容が掲載されていました。たしか5月4日だったと思いますが、BAZARという媒体で出されたもののようです。

全文を載せます。

 

健康を増進するために何を食べるべきか、情報に追いついていくのはたいへん。炭水化物はダメと言われたかと思うと、次の瞬間には糖分こそ本当の敵と言われる。そして今度は、一流の心臓専門医と自己免疫病の専門家が、これ以上ないほどヘルシーと思われる食品が、実は消化にとっては問題だと言っている。

イギリスの『インディペンデント』紙によると、スティーブン・グランディー教授が、レクチンと呼ばれる植物性たんぱくが腸に悪影響を及ぼすと解説。レクチンは、マメ科植物、ナス、全粒粉、玄米、トマトやカシューナッツなど、一般的にはヘルシーと考えられている食品に含まれるものだ。

グランディー教授は、「レクチンは、炭水化物(糖類、でんぷん類、食物繊維)を凝集させるタイプのたんぱく質(さまざまな病気やバクテリア、ウィルスに感染しやすい)で、食べた時に体内のいくつかの細胞にくっついてしまったりするのです」と言う。

レクチンは、大事な細胞同士がコミュニケーションしようとするのを妨げ、ありがたくない影響を及ぼしてしまう。「たいていは炎症や、むかつきや下痢、嘔吐といった毒性に対するタイプの反応が起こるのです」

あまり気づかれない症状のこともあると言う。「細胞間コミュニケーションが壊れると、疲労感や物忘れといった症状になることもあります」

そこで教授は、できる限り、このレクチン摂取を減らすことを勧める。マメは、缶詰や加工済みのものではなく新鮮なものを、トマトを食べる時は皮を剥いて種を除くこと、全粒粉ではなく白いパンを選ぶといいそう。

ヘルシーな食生活を送るのは、ホントにラクじゃない。

 

パンは全粒粉ではなく白いパンを選ぶ??そうだったの?!

 

こういうことが載ってしまうと、本当に迷ってしまいます。。良いものって本当は何なの??と悩んでしまいます。

 

ネット社会の難しいところ

ネットという、情報が簡単にたくさん手に入る今は、自分でそれを見極めていく必要があります。全部が全部間違いでもないだろうし、全部が全部正しいわけでもない、、となると、自分で選んでいくというのはなかなか難しいですね。。

 

入院中の栄養士さんも言っていました。「毎日のようにテレビでもダイエットの特集をやっていて、本当に大事なことはきちんと紹介されていない。。」

 

私も栄養士さんに会っていなかったら、メディアに振り回されて間違ったダイエットで体をどんどん壊していった可能性もあります。

 

ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんも、「いま、口にしたものがあなたの10年後を決める」と言っています。

 

私もいろいろとわからないことは多いですが、出てくる記事の一つ一つを実践していくと大変だし、危険な場合もあるので、本当に実践したい時はきちんと先生に相談しながらやっていきたいと思います。

 

何よりも、ネットに振り回されて疲れ果ててしまった、ということがないようにしたいですね!

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございます。

感想など頂けると幸いです。