就労移行支援事業所で学んでいることと摂食障害の克服。そして発達障害グレーゾーン。

36歳から始めたデザインの勉強と摂食障害をどう克服していくかをつづっていきます。

http://code.jquery.com/jquery-1.7.1.min.js

就労移行支援事業所で学んだこと 今日は一週間の振り返りです

 

私の通所している就労移行支援事業所では、毎週月曜日に

・一週間の振り返り

・今週すること

・取り組み続けたいこと

・その取り組みたいことを取り組む上での問題点

・問題を改善するために、又はもっと楽しくするために取り組みたいこと

 

以上を用紙に書き込み、それを数名のグループに分かれてからそれぞれ自分の分を発表し、グループ内でコメントをもらったり質問を受けたりします。

 

体験利用の時から含めて、今までに私は4回参加しています。

 

毎回、違う方のお話しが聞けて、そういう考え方もあったか!という気付きもあり大変勉強になります。

 

グループ内での発表で改めて考えてみたこと

今日は4人のグループで話ました。3人の日もあれば、4人の日もあるという感じで、絶対4人グループでやるというわけではありません。

 

他の方の発表を聞いて、これは私も真似したいなと思ったことがあり、ご本人には了解を得ていないので、ただのパクリになってしまいますが。。

あ、けど、文書そのまま載せるとやっぱりご本人に不快な思いさせたら申し訳ないかな、、と思いまして、ブログ書き直します。

 

本当に参考にしていきたいと思いました。

 

・自分の特性をきちんと理解し、それを受け入れ、そんな自分を許すことができるようになりたいと思いました。 ・ただただ勉強をするのではなく、実際現場でどう使えるかとか考えながら勉強していくようにしたいと思いました。

 

就労移行支援事業所でも「ここには仕事をしに来ている、仕事の仕方の勉強をしに来ていると思ってください」と言われています。

 

自分はただただ勉強しているのではないか??明日からは、きちんと意識して勉強の意味を考え直さないといけないと感じました。

 

いろいろな人がいて、いろいろな考え方があるから毎週が新鮮

普段は、それぞれ学習しているので、なかなかじっくりと皆さんとお話しする機会もあまりないのですが、毎週こういった話し合いの場があると、いろいろな考え方があるのだなと思い、新鮮な気持ちになります。

 

私が通所して約2週間が過ぎましたが、まだ全員とはお話しできていないので、この月曜日を良い機会として、皆さんの考え方とか、今どんな勉強をしているのかなとか聞いていければと思います。

 

就労移行支援事業所を利用したいと思い、今の事業所の説明会や一日体験会、そして2週間の体験利用を経て正式に通所となりましたが、通所する際には、本当にドキドキでした。

 

利用者さんとちゃんと会話とかできるかな、とか、私はたまに喋り過ぎてしまうので、それで嫌な思いとかさせてしまわないかなとか、すごく不安でした。

あとは、良い歳こいて人見知りなので、そんな自分もなんとかしたいと思って、いろいろ不安と緊張が混じりあってのスタートでした。

 

いつも新しいところへ行く時は緊張します。

 

しかし、そんな不安や緊張もいつの間にか徐々に消えていき、今では少しずつお話しできてきて、皆さん良い方ばかりで安心して通所できています。

 

今週は私のケアマネージャーさんが来て、モニタリングといって、事業所の人と一緒に面談があります。

 

私が通所するにあたって、利用計画を作成してくれたケアマネージャーさんなので、きちんと通えていますよ、というところを報告できると思います!

 

それと、人見知りを直すとかというのはやめました!

直さなくてもいいじゃんって、先月に坊主バーで言われて、なんかそこで力が抜けて、今では自分が人見知りだとかあまり思わないで過ごすようにしています。

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございます。

感想などございましたら頂けると幸いです。