就労移行支援事業所で学んでいることと摂食障害の克服。そして発達障害グレーゾーン。

36歳から始めたデザインの勉強と摂食障害をどう克服していくかをつづっていきます。

http://code.jquery.com/jquery-1.7.1.min.js

薬の副作用と減薬で苦しんだ1年前を思い出した

 

ゴールデンウイークに入りました。

 

就労移行支援事業所もお休みです。なんてタイミングが良いのか悪いのか、私は風邪っぽいのでどこにも出ません。

 

ゴールデンウイークで思い出したのですが、ちょうど1年前の私は、とても体調が悪かったです。薬の副作用と急な減薬が原因だったと思っています。

 

毎日、寝られないし、寝たとしても途中で起きたり、眠りが浅かったり悪夢ばかり見てました。金縛りにかかったのもこの時多かったです。

 

寝られないのって本当に辛いなと思いました。自分は頑張って寝たいのになかなか眠れない。。たしか、この時は睡眠導入剤なども飲んでいなかったです。お薬手帳を見返しましたが、処方されていなかったので飲んでいなかったはずです。

 

体重がどんどん増加していって人生で一番太っていた時

去年の4月に私は引っ越しをしました。引っ越しをする少し前くらいから、どんどん太っていったのは忘れられません。特に太るようなものも極端には食べていないし、確かに運動はしていませんでしたが、毎日会社の最寄り駅から会社までの約2km程の距離は歩いて通勤していたので、全く動いていないわけでもなかったはずです。

 

それなのに、体重計にのるたびに、どんどん体重は増えていき、本当に嫌でした。

 

洋服もサイズが合わなくなってしまい、買わないといけなくなったり、会社でも「太った??」と言われることも何回かあって、嫌な気持ちとなんでこんなに太るのだろうと、そればかりが頭の中でまわっていました。

 

その時に処方されていた薬は、

アモキサンカプセル10mg 1日2錠を朝、昼、夜

ワイパックス錠1mg 1日1錠を朝、昼、夜

サインバルタカプセル30mg 1日2錠を朝

補中益気湯 1日1袋を朝、昼、夜

リボトリール錠1mg 1日1錠を就寝前

 

これを飲んでいました。

これの副作用で太ったかどうかは定かではありませんが、後にこれらの薬を飲まなくなり、体重は減っていきました。

 

今の体重と比べて約15kg太っていました。

 

病院を変えて、発達障害のことを初めて相談しました

引っ越しをすると、通っていた病院に通い続けるのはちょっと難しいと思いましたので、紹介状を書いてもらい、今の病院に通うことにしました。

 

なぜ今の病院を選んだかというと、会社と連携している医療機関ということだったので選んだということと、病院もキレイそうでしたし(実際、本当にキレイです)、摂食障害の治療も力を入れてそうでしたので、決めました。

 

初診の際に、今までの病院では先生に相談できなかった発達障害について初めて相談してみました。片づけられないとか、仕事でも優先順位が決められなかったり予定を組むのが苦手だとかいろいろなことをお話ししました。

 

そこで、ADHDだと言われました。

 

初めて私が発達障害と診断されたのは問診のみだったので、正直、本当にそうなのかなと心配でしたが、自分の中では納得がいったので、だから今までいろいろ苦手だったのかーと思うことができました。

 

これは後に、知能検査をして診断が変わりました。なので、今は診断名のついていない傾向があるという状況でグレーゾーンにいるということになります。

 

先生と話し合って、なるべく薬を減らしていきましょうとのことになり、今まで飲んでいたアモキサンカプセルとリボトリール錠は継続して飲み続けて、ストラテラテトラミド10mgを飲んでいくということになりました。

 

ストラテラを飲んですぐに、体調が悪くなったのと、自分で勝手に今まで飲んでいた薬のアモキサンリボトリールも飲まなくなったのも重なったのか、体がピクッと震えるのがずっと止まらない日がありました。このままではまずいと思い、すぐに病院に電話して、先生に体が震えるということをお話しして、ストラテラは中止となり、コンサータに変わりました。

 

コンサータは副作用が出ませんでした。

 

もしもまた震える時があったらリボトリールを飲むということになりました。

びっくりしたのが、リボトリールを飲んだらすぐに震えが止まったことです。

 

勝手な減薬のせい??

震えることがあった時のみリボトリールを飲むので、薬はコンサータしか飲んでいませんでした。

 

本当は、前の病院の薬をなくなるまで飲まなければいけなかったと思うのですが、自分の勝手な判断で、もう薬をたくさん飲むのは嫌だったし、体重も落ちてきていたので、やっぱり薬のせいで太ったのだと思い込んで、薬を一気にやめました。

 

これが原因だったのかもしれませんが、冒頭でも書いたように、1年前の今頃、体調が悪く寝られない日が続き、毎日辛かったです。詳細にどうだったかはあまり思い出せないのですが、寝られなくて辛いのと、寝ても悪夢しか見ないというのがつらかったです。そして、ストラテラを飲んだ時の震えがまた1ヵ月後におとずれました。

 

その時は落ち着いて、リボトリールを飲んで対応できました。その後から今までに震えたことは1度もありません。

あの震えは何だったのだろう?と不思議です。

 

勝手に減薬した私が良くないのですが、改めて、薬を減らしていく時は慎重にやらないといけないと深く反省しました。

 

薬の管理はとても大事なことだと思います。たまに飲み忘れる時もありますが、なるべく忘れることのないよう処方された通りに飲んでいくことを心掛けてはいます。

 

本当は薬に頼らないほうがいいとかいろいろ意見は分かれるところだとは思いますが、今は処方されているのに従って、やっぱり薬を減らしたいなとか使いたくないなと思った時にはまた先生に相談しながらやっていこうと思います。

 

 

去年のゴールデンウィークは散々でした。。。

 

今年は風邪っぽいのだけなので、まだ良いほうですね。

食欲がなくて、いろいろ悩んでいるのはまた今日中か明日には書きたいと思います。

 

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございます。

感想などありましたら頂けると幸いです。

 

Twitter→→@akiko77533642