就労移行支援事業所で学んでいることと摂食障害の克服。そして発達障害グレーゾーン。

36歳から始めたデザインの勉強と摂食障害をどう克服していくかをつづっていきます。

http://code.jquery.com/jquery-1.7.1.min.js

帰省しています

実家に帰省しています。

雨が降っていてものすごく寒いです。

今年は母方の祖父の初盆ということもあり、お盆期間のとても混んでいるこの時期に新幹線に乗って帰りました。

実家に住んでいた時より、今となっては東京で暮らしている期間のほうが上回りました。

なんだか変な感じです。

正直、親との関係はあまり良くないと思っています。恐らく私だけが思っていて、親はそんなことないと思っていると思います。

実家に帰るのはいつも気が重いです。

元々は父方の祖父母と一緒に住んでいて、祖父母はもう何年も前に他界したので、お線香はあげたいから、それが帰る理由にはなっています。

いつもは東京へ戻った時に後悔してしまうんです。

本当はもっと優しくとか、親を慕ったほうが良かったのかな、、とか。

けど、やっぱり親にはそういうことできません。

このままできないでいくのかなぁ。

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございます!!

うつ病や摂食障害や就労移行支援事業所や、いろいろ

私、ブログ書くの久しぶりです。

 

最初は毎日書こうと思っていたのに、連続記録が途切れた時からは、書ける時・書きたい時に書こうと思うようにしていました。

 

だけど、前回からけっこう間が空きすぎかなと思って。。。。

 

最近、いろいろと思うこともあったりなので、一気に書くと話がいろいろ飛んで何が言いたいんだ?!ってなるのは予想できますが、とにかく今の、現状のことを書きます。

うつ病はどうなったのか?

うつ病は、正直、よくわかりません。

 

良い日もあれば、最悪な日もあります。

 

最近なんとなくですが、わかってきたことは、ストレスがあったりなど、自分に負荷がかかることがあって、それがたまっていくと、うつが出るのかなと思いました。

 

だからといって、対処法は見つけられていないのですが。。

 

例えば、こうやって今、ブログを書けているうちはまだ良いほうだと思います。

 

あと、これはうつなのか、精神的な部分なのかよくわかっていませんが、通所している利用者さんがよく「気圧に左右される」と言っています。

 

私もなんとなく気圧も関係あるのかなと思いました。

 

特に、事業所から帰宅した時や、土日などはうつが出ている傾向が多いと思います。

たまに、本当に何もやりたくない、いなくなりたいと思います。

 

薬の量も増やしたいとも思ってしまいます。

 

良くなってきていると思っていたのに、日によって違うのは、うまく付き合っていくしかないのかなと思います。(とっても難しいけど!)

 

摂食障害はいまだに克服できてはいない・・・

BMIは17を下回ることないようにしています。

 

だけど、、、

 

やっぱりどうしても体重が増えるのが嫌だなと思ってしまいます。

 

見た目はガリガリではないので、私を見て、摂食障害だと気付く人はいないはずです。

それなのに、自分でも摂食障害だと言っていることに、最近、違和感というか、こんなこと言っていいのかなと思うようになってきました。

 

しかも、克服どころか、体重の数字にこだわってしまう。。

数字ではなく、見た目なのだと、人からも言われ本でも読んで理解しているはずなのに。。

 

” はず ”、というのは、恐らく理解していないということなのかもしれません。

 

せっかく、入院中の栄養士さん、先生、看護師さん、臨床心理士さん、理学療法士さん、いろいろな方々にお世話になって退院したのに、いまだにこんな状態だというのがとても情けないです。

 

栄養については、退院直後から比べると、だんだんとバランスが崩れてきているのも感じています。

 

「炭水化物は3食必ず摂るように」と約束して退院したのに、できていないから落ち込みます。

 

じゃあ、やれよ、ってことで解決なのかもしれませんが、できません。

なぜか?

 

お腹が空きません。

 

なので、エンシュアリキッドを処方してもらいました。1ヵ月だけ。

 

そうしたら、体重は少し増えました。それで、ビビッてしまいました。これ飲んでいるとどんどん太るんじゃないか、って。

 

非常に厄介な自分だと思います。

 

人の言うことに反抗するわけでもないのに、実行ができていない。

 

そもそも何でそんなに痩せたいのか??その理由も、人を納得させられるようなことは言えません。

 

理由は、理由になっていないけど、太りたくないということだけです。

 

自分は痩せていない、もっと痩せられるかもしれないと思い込んでしまっているんです。

 

小さい頃から、スイーツと呼ばれる種類のケーキとかシュークリーム、エクレア、ミルフィーユ.......等々、そういうのは好きではありませんでした。なので、いまだに食べられません。

 

それがまだ救いかなと思っています。そういうの食べていたら確実に太っています。

 

お菓子はチョコレートが大好きでした。しかし、最近はチョコレートを食べると気持ち悪くなってしまい、ほとんど食べません。これも食べ続けていたら太っています。

 

一時期、グミしか食べない時がありました。

(私はこの時期を人生の中でグミ期と呼んでいます。。。)

最近はグミも食べなくなりました。これも食べ続けていたら太っています。

 

そして、なぜか最近はまんじゅうを食べる機会が増えました。これは体重にどう影響してくるかちょっと恐ろしいところです。

 

偏食なんですね。きっと。

 

あるものを食べたら、ずっと同じものを食べる性質なようです。まんじゅうの前はカステラをずっと食べていました。

 

日常生活に支障をきたすようなことは確かにありません。ちゃんと歩けますし、電車にも乗れます。貧血で倒れることもありません。

 

日常生活に支障をきたすレベルではないのに、摂食障害を克服するとか言っているのが、何だか申し訳ないとか恥ずかしいとか、そんなふうに思うようになってきました。

 

前のブログでも書いたと思いますが、入院して間もなく、栄養士さんとの面談で、

 

「私は摂食障害といっても、そこまで重症じゃないので。。もっと大変な人はいるので。。」とお話ししたら、

 

「ここに入院してくる患者さん、皆さんそう仰います。もう、その時点で十分重症ですよ」と言われました。

 

それを思い出すたびに、何ともいえない気持ちになります。

 

摂食障害といっても、過食症と拒食症とあります。そのどちらでもないものもあります。

 

私の場合は、行動制限がかかっていないので、拒食症ではないです。診断でも拒食症と言われたことはありません。

 

たくさん食べて困っているというのはないので、どちらかというと拒食のほうになっていると思います。

 

痩せたいと思うのは、女性なら一度は思うことで、普通な思いなのかもしれません。それを勝手に私が自分で障害にしてしまっているだけなのかもしれません。

 

よくわからなくなってきましたが、日常生活に支障をきたすわけではないけど、心の奥では葛藤の日々です。

 

就労移行支援事業所でのデザインの勉強について

今年の4月下旬頃に正式入所し、渋谷区にあります就労移行支援事業所へ通所しています。

 

平日の10:00~16:00で、何かない限り通所は続けています。

たまに体調不良で休んでしまったり、遅く行く時もありましたが、何とかほぼ毎日は通所できています。

 

入所してからずっと、webデザインの勉強をしていました。

 

最初はグラフィックデザインの勉強をし、次にコーディングの勉強をして、架空のカフェのスマホサイトを作りました。

 

ここまでは計画していた通りに進みました。

 

しかし、最近は何をやっているかというと、いろいろやっています。

 

コーディングの勉強は、基礎がよくわからないままだったので、サイトを作ったのも偶然に出来上がったものに近かったので、ゆっくり勉強をしたいと、先生や施設長さん、生活支援員さんにお話ししました。

 

時間がかかってもいいから大丈夫、と言ってくれたので、ちょっと安心し、ゆっくりでもしっかりと勉強しようと思い、自分の中ではそれをまずは取り組もうと決めていました。

 

ところが最近は、以前から参加しているプロジェクト以外のプロジェクトにも参加したり、ありがたいことに制作物を頼まれたりと、いろいろやっていたら、コーディングの勉強ができていません。

 

自分の時間の組み方が下手なこと、作業に時間がかかってしまうことが原因だと、今更ながら改めて思いました。

 

そして、、、

 

一体自分は何に向かっているのだろうと、暇な人が考えるようなことを考えてしまうようになりました。

 

迷走してきている気がします。

 

 

勉強以外で最近思うことは、世の中には様々な人がいます。

 

特に、就労移行支援事業所は、何らかのバックグラウンドがあっての人が就労を目指して入所します。

 

私も入所してそんなに月日はたっていないので、偉そうに語れることはありませんが、私が入所してから新たに入所や体験入所の方が何人もいます。

 

誰もが同じ考えだとは思いません。人それぞれの考え方があります。

 

私はそんなに言葉も知らないし、話す内容もまとまっていなかったり、説得力もないので、弁が立つ方には圧倒されてしまいます。

 

圧倒されるので、もちろん反論もできません。(人に対して反論とかもそんなにしないほうですけど)

 

圧倒されると、それは恐れ、警戒といった感情が出てきてしまいます。そして、苦手だなと思ってしまいます。

 

就労移行支援事業所を利用できるのは最大で2年間。すでに、3か月半近くが経過しています。

 

毎日がどんどん時間を消費しています。迷っている暇はないのかもしれません。しかし、この時間で迷うこともここでしかできないことだと思っています。

 

迷って、やってみて、ダメならまたやって、、、、失敗を繰り返せる場所は今だけなのです。時間があまりないことへの焦りもあります。

 

2017年4月2日現在の東京都福祉保健局発表では、東京都で272施設の就労移行支援事業所があります。

 

こんなにもたくさんの施設が東京都にはあります。

 

自分が選んだ施設の中で過ごす時間というのは貴重だから、毎日をただただ過ごすのではなく、今のこともこれからのことも考えて過ごしていかなければいけないのかなと考えました。

 

 

さいごに

ここまでさんざんいろいろなことを書いてきて、まとまりも何もなくなってきていますが、今の自分の思っていることを書きだしただけです。

 

いつも思うのですが、書いた後に、あ、これ書き忘れたとか思うので、また更新するかもしれません。

 

昨日ふと思ったことで、余計なことには首を突っ込まずに、自分の大事な人を大事にしていこうと思いました。

 

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございました!

長々とありがとうございます!

 

「何でもいいから、まずやってみる。それだけなんだよ」という言葉について

私はTwitterで、「デザインの言葉」さんをフォローしています。

 

デザイン、アートの名言、格言がタイムラインに流れてきて、心に響くものばかりです。

 

今まで何度いいねをしたか、本当に素敵な言葉、勉強になる言葉が出てきて、全部紹介したいくらいです。

とてもわかりやすく、その通りと思った言葉

最近見た中で、確かに!と思った言葉があります。

 

「何でもいいから、まずやってみる。それだけなんだよ」 -岡本太郎 

 

とても有名な岡本太郎さんのお言葉なんだそうです。

 

シンプルな言葉ですが、その通りだと思いました。

 

やる前にいろいろと考えるということ

やる前にたくさん考えること、これは私が苦手なことです。。。

 

それは、例えば、チームで動くプロジェクトなり、急遽依頼された仕事であったり、着手する前には、いろいろ考えなければいけないことはあります。

 

まずは考え、どういう手順・方法で、とか、いろいろ考えたうえで手をつけないといけないのは大事なことだとは思っています。

 

これが苦手で、いつも手をすぐに動かしてしまいます。。良くない例なんでしょう。

前の職場でも、けっこう怒られていました。。

 

何もはじまっていないのに考えること

しかし、何も決まったこともなく、何もまだ始まっていないことに対して、やらずに、想像だけで疑問や不安をいだいていても、何も進まないと思います。

 

なぜなら、まだ見たこともないものに疑問を持っても答えは何も出ないと思います。

 

例えば、、、

私が、ジャガイモを生産する農家になろうと考えました。しかし、まだ予定です。本決まりではありません。

 

そこで、次のようないろいろな不安や疑問が生じてきました

・作る土地の土が良くなかったらどうしよう.....

・販売したら、売れるのかな.....

・台風きて被害が甚大だったらどうしよう....

・うまいことジャガイモが育たなかったらどうしよう.....

・ジャガイモ売る時に1袋あたり何個入れようかな.....

 

例えがわかりづらくて、何が言いたいんだ?!って感じでしょうけど!

 

・作る土地の土が良くなかったら?? →実際に触ってみなければわからないし、育ててみないとわからない!

・販売したら売れる?? →販売していないからわからない!

・台風きた時は?? →台風はいつくるか時期的に予想はできるかもしれないけど、程度はきてみないとわからない!

・ジャガイモ育つかな?? →育ててないからわからない!

・1袋何個入れようかな?? →育ってもないし、育ったところでどれくらいの大きさになるかわからない、販売に至るかもわからない!

 

そう、全ては、やる前の疑問点の現時点での答えは「わからない」と思うのです。やってないから。

 

「何でもいいから、まずやってみる。それだけなんだよ」

この言葉の解釈は、人それぞれあると思います。

 

私が感じたことは、本当に言葉通りそのままで、何でもいいからやってみることが大事なんだと思いました。

 

デザインの勉強、コーディングの勉強、英語の勉強、それぞれまずはやってみることです。

 

やってみて、やっぱりどうしても自分には辛くて、合わなかったということもわかるだろうし、やってみたら派生して違うことをやってみたいと思うかもしれません。

 

私はまだまだ就労移行支援事業所で勉強をはじめたばかりで、目の前のことをやるので精一杯です。

 

それでも、岡本太郎さんのこの言葉を見て、「何でもいいから、まずやってみる」ということを大事にしていきたいと思いました!

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございました!

 

 

 

Too × Adobeセミナーに行ってきました!

今日、というか日付が変わってしまいましたが、7月27日(木)に「いま知っておきたいウェブのいろは」というTooさんとAdobeさんのセミナーに行ってきました。

 

15:00~で、14:30~受付開始だから、就労移行支援事業所を13時半くらいには出たかったんです。

 

なぜなら、初めて行く場所は絶対迷うので、いつも初めて行く場所は普通の人がかかるであろう時間より多めにとって、早目に着くように計算して移動するようにしています。

 

結果、早く着きすぎてウロウロさまようということもよくありますが。。

 

今回は、結局、就労移行支援事業所を予定の時間に出ることができなかったので、かなり焦りました。

 

なぜ遅くなってしまったかというと、今、あるチラシを作っていて、それが思いのほか時間がかかってしまい、時間を大幅に予定よりオーバーしてしまいました。

 

 

何に時間がかかったかというと、Illustrationで作る→Photoshopに書き出してトリミングする→PDFにする、ということをやっていました。

 

そしたら、謎にPDFにした時に文字がずれてしまい、原因がわからないし、調べている時間もどんどん出ないといけない時間が迫ってきていたので明確なことがわからないまま、それでも結局は何とか出来て、急いで出ました。

 

って、これはセミナーの話とは全然関係ない話なので、しかも自分の技術がおぼつかないからの話なので、自分で調べろよという話で終わりなのです。はい。

 

 

肝心のセミナーですが、今回の登壇した先生は鷹野先生と北村先生でした。

 

北村先生のセミナーは何度か参加したことがありましたが、鷹野先生のセミナーは初めて参加しました。

 

 

内容を細かく書きたいところですが、ごめんなさい!

睡眠導入剤も効いてきたころで、うまくまとめられなそうなので、また明日か明後日に書きます。

 

初心者の私にとってはわかりやすい内容で、勉強になりました!参加して良かったです!楽しみにしていましたし!

 

あぁ、このまま床に寝てしまいそうだ。。。

 

そういや、案の定、いつものことですが、道に迷いました!無事につけたので一安心でしたけど!(本当に空間認知能力が低いんだなあといつも思います)

 

DMM英会話をはじめて思ったあるある(超個人的)

7月6日からDMM英会話を始めまして、今まで15回レッスンを受けました。

 

幸い、今まで受けた先生の中で、これはちょっと....という先生はいなくて、良い印象の先生ばかりです。

 

Skypeで受けるのですが、通信の大きなトラブルも起こったことはありません。

 

Skypeでのレッスンと並行して、iKnowというアプリでも勉強しているところです。

iKnowはPCでもできます)

 

 

とても個人的なことですが、DMM英会話をはじめてからの「あるある」をまとめました。

 

本当に自分だけが思っていることです。DMM英会話をやられている方々や、英会話を勉強している方々、全てに当てはまるわけではないと思いますので、ご了承くださいませ!!

 

『英会話レッスンあるある~DMM英会話~』

・予約をする、というボタンをクリックするまでになぜか力が入る

・お気に入り登録している先生が全員お休みだと、ちょっと焦る

・レッスンが始まる30分前に、謎にPC前でスタンバっている

・絶対かかってくるとわかっていても、Skypeが鳴る直前は緊張する

・いざ、Skypeでコールが鳴ると、ビビる

・レッスン中は「OK」「Yes」を連発

・先生が何言っているのかわからないけど、どう質問していいかわからず

・簡単な単語が出なくなり、何度も頭が真っ白になる

Google翻訳はマジ神

・と思っていたら、Google翻訳で出た答えを訂正される

・先生からのメッセージをGoogle翻訳かけると、意味不明な日本語で訳されている

・レッスンが終わった直後は、何か英語で話したくなる

・そしてSiriを英語設定にして話しかけてみる

・思いのほか、何と質問していいかわからず、言葉が出てこない

・英語設定のSiriの女性ボイスは、低めのできる女風の声と初めて知った

・何で中学とか高校で英語をもっと勉強してこなかったんだろうと思う

・例え、戻れたとしても、やっぱり勉強はしないはず

・毎日海外の先生と1対1で話すのは、貴重だと思う

・レッスンはいつも勢いで乗り切ってしまっている感がある

・いつか、街で外国の方に質問された時のことを想像してしまう

・そろそろレッスンに慣れてきた頃だろうが、いまだにレッスン中は落ち着かない

 

以上、こんな感じで思っています!

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございました!

 

摂食障害克服中 体重増加への複雑な思い

就労移行支援事業所に通所するようになってから、体重を少し増やさないといけないと思うようになり、だんだんと痩せたいという思いに固執しなくなってきたと思っていました。

しかし、

今日、体重を測ったら、増えていました。。

数字としては、むしろ目指すべきくらいな数字です。なので、本当は喜ばないといけないのですが…

正直、喜べませんでした。太ってしまったことにショックを受けてしまいました。

まだまだ、体重計の数字に左右されている自分がいます。

複雑な感じです。

最近は、今まで飲んだり食べたりするのを控えていたものを、ちょっとずつ飲んだり食べたりしていたので、それも関係あるのかなとか、駅まで歩くのが少なくなったからかな、とかいろいろ考えてしまいました。

体重が増えても、平気でいられるようになれる日が来るのかなぁと遠い気もしてきました。

いつか、そうなれるといいなぁと思います。

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました!

就労移行支援事業所での「瞑想」ワークショップに参加しました

瞑想。

 

最近はどこでも聞くようになり、この瞑想法が良いとか、本とかもたくさん出ていて、一般的にも認知されているものだと思います。

 

今回、瞑想のワークショップに出た際の、自分でも忘れないようにしておこうと思い、メモを見ながら書いていきます。

 

自分が考えていた瞑想

私も何となくではありますがやったことはあります。

...けど、毎日は続かなかったし、そもそもこんな感じで良いのか?!と思っていました。

 

眼を閉じて、呼吸する時間を数えながら、という方法でやってみました。大体1分間くらいをやってみていましたが、いつの日か、やらなくなっていました。

 

瞑想をやると、心も落ち着くし、今通所している就労移行支援事業所の利用者さんで薬を飲まなくても良くなったと言う方もいたので、瞑想っていいものなんだー!とは思っていました。

 

今回瞑想を教えに来ていただいた亮然さん

7月14日(金)に、通所している就労移行支援事業所に在家僧侶の亮然さんが、瞑想の基礎を教えにお越しいただきました。

 

亮然さんは、関東から近々離れるそうです。

 

引っ越しの準備をしている時に、私が通所している事業所のことを思い出し、瞑想のワークショップを思いついたそうです。

 

そして、今回、そのワークショップが実現しました。

 

初めて、瞑想のことについてお話しを聞く機会でしたので、とても楽しみにしていました!

 

亮然さんは、20年前から瞑想の修行をされていたそうで、とても良いお師匠さんに出会ったから良かったと仰っていました。

 

自身原点回帰の為の瞑想法 基礎

今回教えてもらったのは、瞑想の基礎、古典的方法を教えて頂きました。

 

瞑想法はいくつも紹介されていて、それは全て古典的方法から派生したものであるそうです。

 

いろいろあるけど、基礎を知っておいたほうが良いとのことでした。

 

瞑想するということには、「原点回帰」「本当の生き方」という、私は私であるということを得られるようになるそうです。

 

人間、どうしても良くないことを持ってしまうそうです。例えば、怒りなどです。

 

今まで自分がしてきた事で、反省すべきところがあったら、それを責めないで、どうしてそうしてしまったのか、これからどうやったら良いのか、ということを考えていくと良いそうです。

 

3つの基本

・一番良い状態で瞑想する

・理想を描く

これにいくまでには、基本ができていないといけないそうです。

 

1.三省

三毒という言葉があり、「とんじんち」というものがあるそうです。

漢字で書くと「貪(とん)」「瞋(じん)」「癡(ち)」と書きます。

 

貪とは、漢字のごとくむさぼること。必要以上にやることです。必要以上に何かに首を突っ込んでしまったりとか、人から必要に搾取してしまうとかです。必要以上なことはやらないこと。

 

瞋とは、怒りの心。知恵、知識を得ることによって怒りをおさえることができるようにもなるそうです。

 

癡とは、おろかしさです。高学歴だからとか、頭が良いということではなく、人としてどうなのか、ということ。

 

 

申し訳なかった、改めますという確認を日々していくのが大事だそうです。

 

2.三調整

「調体(ちょうたい)」「調息(ちょうそく)」「調心(ちょうしん)」

調体→調息→調心の順番でしていく。

 

調体とは、姿勢を正すこと。呼吸がしやすくなる。

 

調息とは、呼吸を整えること。

 

調心とは、心を静めること。海に沈んでいくようなイメージをしていくと良い。

 

3.三密

仏教では密教顕教があり、三密とは密教で言われていることです。

 

「身密(しんみつ)」「口密(くみつ)」「意密(いみつ)」

 

デジタル大辞泉で調べました。

身密とは人知では計り知れない、仏の神秘不思議な身体による行為。

 

口密とは口に真言を誦(じゅ)すること。

 

意密とは精神の働きを示す。

 

瞑想の時に、身密をイメージする際、自分がなりたいイメージの人を浮かべると良い。もしくは宇宙をイメージしたりして、イメージと一緒になること。

 

 

瞑想のやり方

眼を閉じても、開いたままでも、半眼でも良い。

 

調体、調息、調心を意識してやる。

 

『調体』 

姿勢は立っていても、座っていても、イスに座っても良い。

 

床に座ってやるならば、あぐらか正座。しかし、違う姿勢でも、きちんと骨盤がのっているような状態になっていれば良い。

 

女性でいうならば、座骨と会陰の二等辺三角形が出来上がるような姿勢になることです。

 

『調息』 

呼吸は、鼻でゆっくり細く長く。腹式呼吸でするのが良くて、吸った時にお腹がへこみ、吐くときにお腹がふくらむ。この時、お腹だけではなく、背中も意識すること。

 

最初に吸うのではなく、最初は吐くところからスタートすること。

 

秒数は最初少なくても、5秒できたら次は6秒、6秒できたら7秒と、長く増やしていくこと。

 

『調心』

心を整えることというのは、ゼロにリセットする。あるがままでいられる自分。何か瞑想の途中で出てきたとしても放っておくこと。

 

最初のうちは雑念がたくさんあって、ぐちゃぐちゃになるかもしれないけど、それは出てきたとしても眺めておくだけにする。

 

時間にして15分前後が良いけど、決まりはない。

 

終わったら体を触って確認すること!

 

瞑想をやってはいけない場所と時間

墓場でやってはいけない。

 

夜中の2時~4時の時間は避ける。

 

亮然さんがお話ししてくれたことまとめ

・今は我々のいるところでベストをつくす

・余計な問題につっこまない

・瞑想とは中におりてくる

・気付きもありがたいこと

・自分の問題を直視する

・自分を大事にしないと、人も大事にできない

・誘惑されてしまうこともある

・仲間でいると加速する

・一つ一つを緻密に、微細に

・今を大事に

・何をやっても勝ち、負けはない

・過去も未来もデータである

・思考パターンの断捨離

・ABC A:あたりまえに B:馬鹿に C:ちゃんとやる

・動的瞑想もある

・一つ一つの動きも大切に

・コツコツと素直に続けること

 

さいごに

今回、初めて参加した瞑想のワークショップでしたが、シンプルなお話しでわかりやすかったです。

 

気付いたら2時間あっという間に過ぎていました。

 

私は呼吸が乱れがちで、長い呼吸もできないのですが、少しずつをコツコツ続けていけば、きっと長く呼吸することができるようになるよと教えてもらいました。

 

瞑想に限らず、何でもコツコツと続けることは大事なことだし、続けるということがなかなか出来ないことでもあります。

 

瞑想で心を落ち着かせて、たまにおとずれる鬱の状態に対して強く向かえるようになれるのであれば、そうなりたいなぁと思いました。

 

心が穏やかになれば自然と良い方向に向かうそうです。

 

瞑想の時になりたいイメージをする、と聞いて少しやってみましたが、自分が笑っている顔がずっと浮かんでいました。

 

私はいつも笑っていたいんだなぁということが気付きとしてわかり、この気付きもありがたいことなんですね。

 

今回のワークショップは、亮然さんが、関東を離れる最後のワークショップだったそうです。

 

そんなありがたい機会に恵まれたこともご縁だと思いました。

 

わざわざお越しくださり、丁寧にお話しくださいましたので、私もコツコツと瞑想を続けていきたいです。

 

 

ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございました!